液タブの初心者が押さえておきたい基本的な4つのポイント

液タブを使ってみたいと思っているけれど初心者だからよくわからないという人もいるでしょう。

他の人が使っているのを見て良さそうだと思ったけれど、そもそもどういう機能があるのか詳しくは知らない人もいるかもしれません。

この記事では液タブの初心者が理解しておくと役に立つ4つのポイントを紹介します。

液タブはどういうものか

他の人が液タブを使用しているのを見ただけという人は液タブで何ができるのかがわかっていないこともあるでしょう。

まず液タブはそもそもどういうものなのかという観点から2つのポイントを紹介します。

液タブはペンで入力できるアイテム

パソコンを使うときにはキーボードとマウスを使って入力をするのが一般的ですが、他にも適切な周辺機器を使えば入力方法を増やすことが可能です。

液タブはその選択肢の一つとしてよく選ばれているアイテムで、専用のペンを使用することで入力できる仕組みになっています。

液タブの液晶面にペンでタッチすることによって、そのタッチに対応したアクションをパソコン上で起こすことができます。

単純にはマウスによるダブルクリック、画面のタップに相当するアクションを起こすことができるのです。

文字を書いたり、イラストを描いたりするときには直感的な操作をしやすいという点で人気があります。

また、液タブには画面の内容が表示されるのでタッチパネルのようにして操作できる点からもよく注目されています。

液タブはディスプレイ

初心者がよく理解しておく必要があるのが、液タブはそもそもディスプレイだということです。

ペンを使った入力をできるようにするためのツールだと考えている人もいますが、その目的ではペンタブが用いられています。

液タブはパソコンなどのディスプレイとして使用できるように設計されているので、パソコンの本体があれば他にディスプレイがなくても使うことが可能です。

ペンによるタッチパネル式の入力ができるようになっているディスプレイと考えるようにしましょう。

そのため、画質の高さや液晶の見やすさを重視している製品も多くなっています。

普段はペンで操作できるタブレットのようにして使用し、時には映画やゲームなどを楽しむこともできるのです。

液タブの選び方

初心者が液タブについて押さえておくと良いポイントとして選び方が挙げられます。

比較すべきところがどのなのかを判断できるようにするために知っておくと良いことは何なのでしょうか。

液タブの選び方にも色々な考え方がありますが、まずチェックしておくべき2つのポイントを紹介します。

サイズと重さで選ぶのがまずおすすめ

液タブを選ぶときにはどんな点を比較すると良いのかがまず大きな問題になるでしょう。

使い勝手が良いものを選び出すのは最低限必要なことなので、どんな点が重要なのかを理解しておくのは必須です。

液タブの使いやすさを大きく左右するポイントとしてサイズと重さが挙げられます。

ディスプレイとしての役割を果たす液タブはサイズが色々あって、小型のタブレットサイズのものからA4以上のサイズまで選ぶことが可能です。

重さについてはほぼディスプレイサイズに比例する形になっています。

ディスプレイのサイズが大きいほど細かな作業をしやすく、映画などを観る場合にも遠くからでもはっきりと鮮明な映像を見られるメリットがあります。

小さいほど場所を取らないので狭いスペースでも作業できる魅力があり、小さな机の上で作業するような場合には小さい方が便利です。

また、小さいと軽いので持ち歩きやすいというメリットもあります。

パソコン本体がないと使えないのは確かですが、スティックパソコンを使えば携帯してどこでも使えるようにできるでしょう。

ノートパソコンにも接続できるので、小型のノートパソコンと合わせて使用することも可能です。

持ち歩く場合には液晶の重さがネックになりやすいことから、操作性を失わない範囲でできるだけサイズが小さいものを選ぶのが賢明です。

将来的に使い込むなら筆圧レベルが重要

初心者のうちにはあまり問題にならないことは多いものの、先々に本格的に使おうと思っているのなら筆圧レベルも押さえておくべきポイントです。

筆圧レベルとは液タブの液晶にペンで与えた筆圧をどのくらいの幅で検知できるかで、その圧力の大きさに応じた入力ができる仕組みになっています。

例えば、イラストを描くときには筆圧レベルが高い液タブを使うと微妙なタッチも忠実に表現されるようになるでしょう。

このような使い方もしていきたいと考えているのであれば筆圧レベルにはこだわって選ぶのが無難です。

一般的には筆圧レベルが高い液タブの方が値段も高めなので、本当に必要なのかどうかをよく考えて決めるようにしましょう。

まとめ

液タブはディスプレイとして開発されたもので、専用のペンで直接入力できる仕組みになっているのが特徴です。

選ぶときにはサイズと重さのバランスを考えるようにし、必要があれば筆圧レベルも考慮するようにしましょう。