イラストや漫画を描くのに必須の液タブ!どんなところでのセールが狙い目?

昔はアナログ、紙にペンなどで描いていた漫画やイラストですが、今ではすっかりデジタル化してしまいました。

もちろんパソコン内にもお絵かきソフトは入っていますが、専門に描くとなると液タブやペンタブが必要になってきます。

ペンタブよりもいささかお値段の張る液タブ、どんな店でのセールがおすすめなのでしょうか。

デジタル全盛のイラストやマンガ業界

しばらく前までは机上で紙を媒体として描いていたイラストや漫画、今ではデジタルでの作業になってきました。

何と言ってもデジタルだと、依頼者に送るのも簡単ですね。

ネットで送信ができますから、いちいち宅配便や郵便を使わなくて済みます。

紛失の心配もなく、何かあってもすぐに送り直しもできます。

なのでデジタルが定着したのは当然のことです。

ただし紙に描く場合には、紙とペンが最低あれば漫画でもイラストでも作成ができました。

しかしデジタルの場合、それなりの機器が必要になってきます。

こうした絵の作成には、通称液タブやペンタブを使うことになります。

液タブは紙に描くのと同じように、タブレットの上に専用ペンを使うことで描くことができます。

一方のペンタブは、描くのはペンタブ上ですが絵が表示されるのはパソコンになります。

デジタルでも紙と同じような感覚で描くことが出来る液タブは、やはり人気があります。

問題はそのお値段です。

ペンタブよりも液タブのほうが、お値段がいささか張るのです。

できればセールで購入したい液タブ

液タブに限ったことではないですが、できれば高額な製品はセール時に購入したいものです。

しかしセールだからと飛びつくだけではいけませんね。

こうした品物の場合

安く良いものを、というのはもちろん液タブ購入のときにもお約束です。

と言うよりも、こうした専門的な作業に使うものは、できるだけ新商品を使いたいものですね。

性能がどんどんと進化していくのが、デジタル製品というものです。

1年前の物と現在のものを比べると、かなりの差が出てきます。

特に液タブの場合、紙に描くのと同じようにと言っても、やはりペン先のタッチなどに違いを感じるものです。

また筆圧が感じられるかも、これも大事なことです。

こうした性能については、本当に新商品のほうが優れていますから、セールと言っても型落ちではないものを選びたいですね。

サイズでかなりの値段差が

液タブのサイズについても、購入前に決めておかなくてはいけません。

大きいサイズのイラストをよく描く人の場合、液タブ自体のサイズも大きくないと、イラスト全体の感覚を掴むことが難しいのです。

これについては使用者の感覚、個人差もありますが、一般的には大きな作品を仕上げる時には大きめサイズの液タブがおすすめなのです。

しかしサイズが大きくなればその分、値段の方も上がってしまうのには注意が必要です。

もちろんサイズが同じでも、性能によって大きく値段差が出てくることも忘れないで下さい。

どこのセールを狙うのがいい

液タブの場合良い性能のメーカー品で、しかもある程度のサイズになると軽く10万円台はします。

どこのセールを狙えばお買い得に購入できるでしょう。

メーカーの通販専門サイト

メーカーの通販用のサイトの場合、製品の性能を見るのに利用する人は多いはずです。

しかしこの通販サイト、結構メーカーによってはセールをやってくれるのでおすすめです。

メーカー直販なので、アフターケアもいいですし場合によっては1世代だけの型落ち製品を、30%近く引いてくれることもあります。

液タブも同じことで、大手液タブのメーカー直販サイトでのセール狙いはありですね。

正直値段に関しては、セールの割引もいささか小さめなんですが、その代わりメーカー直販という安心感があります。

サポートなどが充実しているのが、強みです。

液タブも繊細なデジタル機器です。

何かあった時の安心を購入すると思えば、メーカーの通販でのセール購入は意外に安く思えるものです。

値段にこだわるなら大手のECサイトでの通販

何よりも安く手に入れたい場合、これはECサイトでの通販が一番です。

特に大手の通販サイトの場合、セール期間を設けてかなりの値引きをしてくれます。

加えてタイムセールも加わったりすると、とてつもなくお買い得な値段になってくれます。

ただし、こうしたサイトの場合出品者が信用できる店かどうか、これは必須です。

きちんとしたサポート体制があるのか、そのあたりも最初にチェックしておきたいですね。

店舗ではサポート無しでメーカーサポートでという店もあれば、店自体の保証をつけてくれるところもあります。

非常に様々ですので、よく調べることが大事です。

加えて、値段だけ見ていると間違えて中古購入してしまうことがあります。

何と言っても大手の通販の場合、多くの店が多くの製品を出しています。

検索すると中古、新品混ざって表示されます。

値段だけ気にしていて、初歩の間違いを犯していないか、注意しておいてくださいね。

まとめ

できるだけ安く良いものを、これは何を買う時にも適用される真理です。

特に液タブのような、高いものだと30万を超えるような製品の場合、できるだけセール時を狙って買い物をしたいですね。

ただ、その場だけの安さになってしまわないような注意も、しておいて下さい。